GENで脱EXCEL管理を目指してみませんか?

朝晩は冷え込みが厳しい季節となりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

さて、先般、製造業のベンチャー企業様へGENのデモを実施し、無事GENを導入していただくことになりましたので、ご報告いたします。

お客様は、システムは導入しておらず、EXCELで管理しております。現段階では、製造しているものはごく一部しかなく、今のうちにシステムを整備しておきたいとのこと。システム導入には、時間をかけたくなく、急ぎで導入したいとの要望。

そこで白羽の矢が立ったのが「GEN」

GENは…

  • スピーディな導入が可能
  • EXCELとの親和性が高い

という2つの特徴がございます。

  • スピーディな導入が可能

企業様の多くは、システム導入における人手と時間が不足していることと思います。導入費用は安く済ませることができても、運用レベルまでの構築に時間を要するイメージが先行し、システム導入に躊躇してしまうことも多いのでは。

ご安心ください。

当社にお任せいただけますと、専任のコンサルタントが迅速かつ丁寧にサポートを行い、簡易的な作業で、1~2ヵ月ほどで、運用レベルにまで構築することが可能です。

(※ よろしければ過去の記事もご覧になってください。)

  • EXCELとの親和性が高い

また、現在、システムを導入しておらず、EXCELで管理されている企業様は未だ多いことと思います。当社のお客様の中にも、GENを導入する以前は、EXCELで管理されてきた方が多々おられます。

扱いやすく便利な反面、EXCEL管理によって生じる課題も少なくないのも事実。

例えば、大量で複雑なデータを扱う場合には、操作が重くなる、操作ミス等でデータが間違って変更されてしまう等。また、データを一元管理することが難しいので、データ間を関連付けて表示させることが難しいといったことも挙げられます。

このような課題にお悩みの方は、一度、GENに触れてみてはいかがでしょうか。

GENは、EXCELとの親和性が高いので、普段EXCELを扱われている方であれば、抵抗なくGENをご利用いただけます。

使い慣れたEXCELを用いて、レイアウトを作成、登録するだけで、オリジナルの帳票を出力することができます。

(※ よろしければ過去の記事もご覧になってください。)

また、入力漏れや設定範囲外の入力に対してアラートを出すことも可能です。承認機能も備わっていますので、各承認者が承認登録を行わないと、レコードが有効にならない仕組みを構築することができます。

また、案件ごとにデータを紐づけることができ、容易に一元管理するこができます。クロス集計は勿論のこと、あらゆるデータ(受発注額推移、受注納期遅延リスト等)をグラフィカルに表示するダッシュボード機能がありますので、簡単にデータ推移を把握することができます。

以上は、GENの特徴のほんの一部。

もっと詳しくお聞きになりたい方は、お気軽にお問い合わせください!

それでは、次回の記事もお楽しみに。

カテゴリー: PR, デモ

図面管理にお悩みの方へ

だんだんと秋らしく涼しくなってきましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

さて、先般、製造業のお客様にGENのデモを実施し、GENを導入していただくこととなりましたので、ご報告いたします。

お客様は、GEN導入以前は、一部システム化をしていたものの、基本はエクセルで管理しておりました。図面や部品表、作業報告書などのファイルを別々に管理。顧客または受注案件の単位で一元管理できていない状態が続いておりました。

お客様の要望として、案件ごとの図面の管理。設計/開発段階で参照した資料や経緯を記録したいとのことでした。

図面管理に関するお悩みを抱える企業様も多いのではないでしょうか。

効率化を図るためには、図面検索に要する時間を短縮化させ、ほしい情報にピンポイントでアクセスできる必要があります。

ファイルの格納場所と名前にルールが設けられていない場合、どこに何のファイルがあるか分からず、情報にアクセスするまでに時間を要してしまうこともしばしば。

GENではそんなお悩みも解消します!

フィールドクリエイターと呼ばれます機能を用いることで、図面管理用の項目を自由に作成し、簡単に図面と受注案件(番号)を紐づけて、管理することが可能です。

また、GENでは、検索機能が充実しており、キーワード検索は勿論のこと、表示条件を指定することにより、製造開始日やオーダー番号、受注番号、品目名などで検索することができ、必要な情報にすばやく到達することが可能です。

結果として、図面検索、出図にかかる時間、リードタイムの短縮につながります。

是非、実際にGENに触れてみてください。

きっと良さに気づくはずです!

少しでもご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

それでは、次回の記事もお楽しみに!

カテゴリー: デモ

全国各地へ出張いたします!

まだまだ厳しい残暑が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、現在までに、製造業を中心に、多様な業種のお客様から、たくさんの嬉しい声を頂戴してます^^

「GENを導入して良かった」その一言を頂ける時が、一番嬉しく思います。

導入後も、ユーザー数を追加していただけるお客様が増えてきております。

当社では、お客様の抱える生産管理等に関するお悩みを解決できるよう、1社でも多く支援してまいります。

ここで、改めて当社のGEN導入支援サービスの概要についてご説明いたします。

1.GENのデモを実施

全国各地、お客様のもとへ出張し、無料でGENのデモを実施いたします。実際にGENの画面をお見せしながら、機能のご説明をいたします。

また、お客様が納得のいくまで、ご質問やご不明点にお応えいたしますので、お気兼ねなく聞いてください

2.課題の調査/要件定義

お客様からヒアリングを通じて、課題を調査し、導入目的を明確にします。

当社の専任コンサルタントは、メーカーに長らく勤めていた経験を持っていますので、製造業のお客様の気持ちをよく理解しております。お客様の抱える現行課題や対応策についてご提案いたします。

3.GENの導入

要件定義をもとに、システムを構築していきます。その際、実際にご使用されるユーザー様や現場担当者にシステムを触っていただきます。導入あたり、運用指導も行います。支店や地方の工場等まで、足を運び、指導することも可能です。

4.アフターサービス

GENを導入していただいた後も、充実したアフターフォローをお約束します。

使い方や、プランの変更等、ご相談に応じます。

まずは、お気軽にお問い合わせください(英語でのお問い合わせも大歓迎!)

勿論、資料請求だけでもOK!

GENに関するパンフレット及び限定公開動画を無料でご提供いたします。

GENについての詳しい情報は、下記HPにも掲載しております。宜しければ、ご覧ください。

https://gen.amuku.com/

それでは、次回の記事をお楽しみに~

カテゴリー: PR

これで解決!GENでロット管理!

本格的な夏ですね。皆様はいかがお過ごしでしょうか?

さて、先日、メーカーのお客様へGENのデモを実施しました。

現状、EXCELを用いて、生産管理や在庫管理等を行っているそうですが、それらをシステムで管理されたいとのこと。ただ、システムでロット管理を効率的に行えるかどうか不安に感じておられました。

コスト削減や工程管理、不良品の特定といった観点から、ロット管理を行っている企業様も多いはず。

しかし、実際には、ロットの追跡に時間がかかるなど、ロット管理に関するお悩みをお持ちの方も多いのでは?

ロット管理の鍵は、まさに「トレーサビリティの整備」です。

※トレーサビリティ(Trace-ability)とは:製品がいつ、どこで、誰によって作られたのか、追跡することが可能な状態にしておくことを指します。例えば、製品に問題があった場合、当該製品のロットを参照するだけで、いつどこの原材料でどのようにして製造されたのかを把握することができます。

勿論、GENでも、トレーサビリティを整備することは可能です!

GENでは、簡単に、トレーサビリティ用の画面を構築できます。

ロット番号の登録の際も、ラベルプリンターのバーコードをハンディターミナル等で読み取ることで、入力間違いを防ぎます。

お客様は、デモをお聞きになった後、非常に満足された様子でした!

本番稼働に向けて、当社も全力でサポートしていきます!

それでは、次回の記事もお楽しみに~

補足:当社では、必要に応じて、実際にラベルプリンターを使って、デモを行います!実際にGENを導入した際に、どのようにしてラベルプリンターを活用するのか、業務イメージを持っていただけるかと思います 🙂

カテゴリー: デモ

もう在庫の進捗管理に悩む必要はありません!

夏ですね。暑い日が続いておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

さて、先日、製造業のお客様にGENのデモを実施しました。

お客様のご要望は、「在庫の進捗管理」

現状、各工程毎に製造指示書を手作業で回し、工程管理をしているそうです。

そのため、「何処の工場のどの工程に何があるのか」をリアルタイムに確認できないという問題を抱えております。

製造工程の進捗及び在庫の管理は、納期管理の精度に影響を与えます。そのため、正確かつ効率的な進捗及び在庫管理を行うことが非常に重要となります。

安心してください。GENならそんな課題も解決!

GENは、生産管理をベースとしたシステムなので、部品構成表の情報をもとに、各工程毎の進捗及び在庫管理も容易に行うことができます。また、バーコード付きの製造指示書を発行し、現場担当者がハンディーターミナルを活用すれば、スピーディに入出庫処理を行い、在庫数量を把握できます。

GENには、項目内容について入力漏れがあった際にはアラートを出す機能や承認ワークフローによるチェック機能が備わっていますので、データの登録時のミスを防止します。

GENってすごいですよね!

デモの実施後、お客様は、GENについて非常に良い印象を持っていただけました!

勿論、導入にむけて全力でサポートしていきます!

それでは、次回の記事もお見逃しなく!

カテゴリー: デモ

It’s time to rethink your workflow

Hello, everyone.

It is a rainy season and getting extremely humid in Tokyo.

In February, we introduced “GEN” to our manufacturing customer.

If you’d like to read the previous article about it, please see the following.

Prior to using the system “GEN”, this customer had installed production management system provided by another IT vendor for a long period.

The system was customized a lot, so that it was hard to repair flexibly.

As an alternative cloud base system, we introduced “GEN” recently.

Now, they are using GEN as a trial.

They are planning to utilize GEN at an overseas production line.

(By the way, I am writing this blog in English and want you to know that it is available to use GEN outside Japan. This is my second time to write in English 🙂 )

We often hear that people install ERP system for the purpose of making the workflow more efficient.

It is not that simple matter, meaning that just installing the system is not good enough.

The point is that we need a close communication each other.

It is better to discuss the way of using system with a person in charge of production site, rethinking the workflow to make things move more efficiently.

Our consultant worked at manufacturing company before, so he has deep understanding about issues in manufacturing production area.

As a first step to improve your work-flow, please feel free to call us.

One more thing, please note that it has some risk when you make system overly customized.

It would get difficult to repair as I wrote above.

Whereas, there is no concept of customization in GEN.

You can add functions on your own, which is called “Boost” in GEN.

GEN has flexibility.

We would like all of you to use GEN.

You will find how attractive it is.

See you next time 🙂

梅雨ですね。蒸し暑い日が続いておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

さて、2月に、メーカーのお客様へのデモの実施についてご紹介させていただきました。

※ 前回の記事は上記をご覧ください。

お客様は、GENをご利用いただく前は、他社様の生産管理システムを長らく利用されておりました。

しかし、カスタマイズをたくさん行ったために、システムが陳腐化しても、改修するのが困難状況でありました。

そこで、代替のクラウドシステムとして、GENをご紹介させていただきました。現在は、トライアル期間として、実際にGENをご利用いただいております!

海外での生産ラインでGENを活用されたいとのことでしたので、それに倣い、今回の記事も英語で書いております。(英語で書くのはこれで2回目になります^^)

さて、ERPシステムを導入する目的として、業務フローの効率化があります。

しかし、単にシステムを導入すれば良いというわけではございません。

生産現場の担当者と密なコミュニケーションをとり、今一度、生産現場、業務フローを見直すことが重要です。

当社のコンサルタントは、メーカー出身ですので、製造業の生産現場における課題をよく理解しております。

業務フロー改善のための第一歩をお手伝いさせていただきます!

また、実際に導入するシステムに関しても、カスタマイズしすぎることは要注意です。改修困難な状況に陥ってしまう危険があります

一方、GENはノンカスタマイズ。

「ブースト」と呼ばれる機能を利用し、ご自身で機能を拡張していく…

GENはそれを可能にする「柔軟性」があります。

是非一度、GENに触れていただけたらと思います。

きっと、GENの魅力に気付くはずです。

それでは、次回の記事をお楽しみに~

カテゴリー: PR, 導入支援

アナログ作業から脱却し、業務の効率化を目指してみませんか?

初夏ですね。

暑い日が続いておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

さて、今回は部品メーカーのお客様へのデモの実施について紹介しますね。

お客様は、以前にGENの前身のシステム「GENESIS」を利用しておりましたが、断念された経緯がございます。

その後、他社様のデータベースソフトウェアで管理されていたようですが、次第に限界を感じるようになりました。そんな最中、思い出されるのが、かつてのGENESIS。

「やっぱりGENESIS!」ということで、今回アムクにお声がけしていただきました! (戻ってきてくださり、うれしく思います^^)

デモの際は、GENESISからバージョンアップし、新たに生まれ変わったGENをご紹介しました!

お客様のご要望は、工程管理から生産管理、在庫管理、原価管理、進捗管理をGENで行いたいとのこと。
また、製造実績、発注・外製受入の登録の際には、ハンディーターミナルを利用し、業務の効率化及び正確な情報の蓄積を目指したいとのことでした。

まさしく、多くの企業様が考えるシステム導入の大きな目的ですよね。

GENでは、ロケ別、ロット別、SKU別など、さまざまな軸で在庫を管理できます。倉庫間の移動や、棚卸もワンタッチで行えます。もちろん、各帳票にバーコードを印字できるので、製造実績、受入登録の際に、ハンディーターミナルを活用することができます。

また、マスタ情報及び受注情報から、自動で原価計算。品目ごとの原価、受注毎に掛かる原材料や工賃の積み上げなどを、簡単にレポート。視覚的に見ることもできます。

工程管理に関しても、製造リードタイム 調達リードタイムなどの情報からMRP計算を行い、オーダーを自動で生成。いつでも、正確な進捗情報をチェックし、納期管理の精度が向上します。

アナログ作業から脱却し、業務の効率化を実現。そう、GENならね。

デモの実施後、お客様はGENを導入していただけることに決まりました!

今後は、GEN導入に向けて全力でサポートしていく予定です。

それでは、次回の記事をお楽しみに~

カテゴリー: デモ

全員と共有できるシステムこそ、工場の見える化への第一歩

久しぶりのブログの更新となりますが、皆様はゴールデンウィークはいかがお過ごしなりましたか?

今年は大型連休となりましたので、旅行に行かれた方も多いのではないでしょうか?また、新たに令和の時代に入り、きっと心機一転、新たな気持ちで5月を迎えられたことと思います。

さて、アムクでは、今日までに、たくさんの企業様にGENのデモを実施してまいりました。現在も、多数の企業様にGENをご紹介させていただいております。

しかし、まだまだブログでご紹介しきれておりません…。(随時、ご紹介していきますね^^)

そこで、今回は令和元年1発目の記事として、部品メーカーのお客様へのデモの実施について書きたいと思います。

現状、お客様は、長らくオンプレミスの販売管理システムをカスタマイズして利用しておりました。しかし、短納期の課題に対応しようにも、現状のシステムが古く、改修が困難な状態。

受注から納品まで一気通貫での管理のもと、精度の高い納期管理ができ、将来的には、「工場の見える化」を実現したいというご要望でした。

そこで白羽の矢が立ったのが、『GEN』だったそうです。アムクとしては非常に嬉しく思います。

GENには、販売管理、購買管理、生産管理、在庫管理のフローを視覚的に分かりやすく表現した機能マップ「GEN ROUTE MAP」がございます。

GENの機能を使用すれば、簡単に受注から納品までのフローを簡単に把握でき、一気通貫で管理することが可能です!

また、お客様は、Excelを使って、外出先でも納期管理することが多いそうです。

GENはクラウドのシステムとなりますので、インターネット環境さえあれば、いつでも、どこでも、だれでも、納期管理を行い、共有することが可能です!

「工場の見える化」には、業務の効率化は勿論のこと、何か問題が発生すれば、全員がそれを共有できる環境整備が重要であると思います。

GENはまさにそれを可能にするクラウドのシステムなんです。

お客様は、現在、導入を視野に、トライアル期間として、実際にGENをお使いいただいております。

それでは、次回の記事をお楽しみに~

カテゴリー: デモ

わたくしたちは「ヒト」を通じて「信頼の輪」を拡げます

さて、今回はアムクのGEN専任コンサルタントをご紹介します。

アムクのGEN専任コンサルタントは、メーカーとシステム会社の両方を経験しております。

メーカーでは、ユーザーの立場で、GENESISS* (GENの前身のシステム)を利用しておりましたので、GENを導入する際の、お客様の気持ちをよく理解しております。

また、メーカーでの勤務経験より、製造業のお客様の抱える現行課題や対応策についてご提案ができます。

↓こちらに、コンサルタントの声を掲載しております。宜しければ、ご覧ください^^

https://gen.amuku.com/consultant/consultant.html

アムクの専任コンサルタントは、お客様のお悩みをしっかりとヒアリングし、現場の業務の見直しから、GEN導入に伴う課題をお客様と二人三脚で解決していくことをお約束します!

お客様からの「信用」、「信頼」を得て、「信頼の輪」を拡げるべく、今後ともGEN導入支援を行っていきます。

カテゴリー: PR

まさに二人三脚の成果です

先日、ご紹介した部品メーカー様の導入支援の進捗をお伝えします。

*前回の記事は、こちらをご覧ください

前回は、データの移行のお手伝いをしていることをお伝えしましたね。

そして、現行のEXCELデータのコードが統一されていない状態でした…。

そんな課題に直面したわけですが、

まずは膨大な量のExcelデータをまとめ、それらの整合性を確認しながら、加工すること数週間…

そして、無事、GENへのデータ移行が完了しました!

お客様自身が、一つに集約されたデータを手軽にチェックし、必要があればメンテナンスをすることができるようになりました!

ここまできますと、アムクの導入支援が殆ど不要な段階にまで到達したのかなと感じております。

振り返ってみますと、12月から導入支援がスタートし、2月には上記の作業が完了しました。

要した期間は約3ヵ月。他社のシステム導入と比較しても、本当に短いですよね。

短期導入が可能な背景として、お客様と二人三脚で導入作業を進められた点があります。 これにより、コストと時間の節約につながりました。

引き続き、GENの運用についてご相談にのっていきたいと思います!

カテゴリー: 導入支援