アナログ作業から脱却し、業務の効率化を目指してみませんか?

初夏ですね。

暑い日が続いておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

さて、今回は部品メーカーのお客様へのデモの実施について紹介しますね。

お客様は、以前にGENの前身のシステム「GENESIS」を利用しておりましたが、断念された経緯がございます。

その後、他社様のデータベースソフトウェアで管理されていたようですが、次第に限界を感じるようになりました。そんな最中、思い出されるのが、かつてのGENESIS。

「やっぱりGENESIS!」ということで、今回アムクにお声がけしていただきました! (戻ってきてくださり、うれしく思います^^)

デモの際は、GENESISからバージョンアップし、新たに生まれ変わったGENをご紹介しました!

お客様のご要望は、工程管理から生産管理、在庫管理、原価管理、進捗管理をGENで行いたいとのこと。
また、製造実績、発注・外製受入の登録の際には、ハンディーターミナルを利用し、業務の効率化及び正確な情報の蓄積を目指したいとのことでした。

まさしく、多くの企業様が考えるシステム導入の大きな目的ですよね。

GENでは、ロケ別、ロット別、SKU別など、さまざまな軸で在庫を管理できます。倉庫間の移動や、棚卸もワンタッチで行えます。もちろん、各帳票にバーコードを印字できるので、製造実績、受入登録の際に、ハンディーターミナルを活用することができます。

また、マスタ情報及び受注情報から、自動で原価計算。品目ごとの原価、受注毎に掛かる原材料や工賃の積み上げなどを、簡単にレポート。視覚的に見ることもできます。

工程管理に関しても、製造リードタイム 調達リードタイムなどの情報からMRP計算を行い、オーダーを自動で生成。いつでも、正確な進捗情報をチェックし、納期管理の精度が向上します。

アナログ作業から脱却し、業務の効率化を実現。そう、GENならね。

デモの実施後、お客様はGENを導入していただけることに決まりました!

今後は、GEN導入に向けて全力でサポートしていく予定です。

それでは、次回の記事をお楽しみに~

カテゴリー: デモ

全員と共有できるシステムこそ、工場の見える化への第一歩

久しぶりのブログの更新となりますが、皆様はゴールデンウィークはいかがお過ごしなりましたか?

今年は大型連休となりましたので、旅行に行かれた方も多いのではないでしょうか?また、新たに令和の時代に入り、きっと心機一転、新たな気持ちで5月を迎えられたことと思います。

さて、アムクでは、今日までに、たくさんの企業様にGENのデモを実施してまいりました。現在も、多数の企業様にGENをご紹介させていただいております。

しかし、まだまだブログでご紹介しきれておりません…。(随時、ご紹介していきますね^^)

そこで、今回は令和元年1発目の記事として、部品メーカーのお客様へのデモの実施について書きたいと思います。

現状、お客様は、長らくオンプレミスの販売管理システムをカスタマイズして利用しておりました。しかし、短納期の課題に対応しようにも、現状のシステムが古く、改修が困難な状態。

受注から納品まで一気通貫での管理のもと、精度の高い納期管理ができ、将来的には、「工場の見える化」を実現したいというご要望でした。

そこで白羽の矢が立ったのが、『GEN』だったそうです。アムクとしては非常に嬉しく思います。

GENには、販売管理、購買管理、生産管理、在庫管理のフローを視覚的に分かりやすく表現した機能マップ「GEN ROUTE MAP」がございます。

GENの機能を使用すれば、簡単に受注から納品までのフローを簡単に把握でき、一気通貫で管理することが可能です!

また、お客様は、Excelを使って、外出先でも納期管理することが多いそうです。

GENはクラウドのシステムとなりますので、インターネット環境さえあれば、いつでも、どこでも、だれでも、納期管理を行い、共有することが可能です!

「工場の見える化」には、業務の効率化は勿論のこと、何か問題が発生すれば、全員がそれを共有できる環境整備が重要であると思います。

GENはまさにそれを可能にするクラウドのシステムなんです。

お客様は、現在、導入を視野に、トライアル期間として、実際にGENをお使いいただいております。

それでは、次回の記事をお楽しみに~

カテゴリー: デモ