アナログ作業から脱却し、業務の効率化を目指してみませんか?

初夏ですね。

暑い日が続いておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

さて、今回は部品メーカーのお客様へのデモの実施について紹介しますね。

お客様は、以前にGENの前身のシステム「GENESIS」を利用しておりましたが、断念された経緯がございます。

その後、他社様のデータベースソフトウェアで管理されていたようですが、次第に限界を感じるようになりました。そんな最中、思い出されるのが、かつてのGENESIS。

「やっぱりGENESIS!」ということで、今回アムクにお声がけしていただきました! (戻ってきてくださり、うれしく思います^^)

デモの際は、GENESISからバージョンアップし、新たに生まれ変わったGENをご紹介しました!

お客様のご要望は、工程管理から生産管理、在庫管理、原価管理、進捗管理をGENで行いたいとのこと。
また、製造実績、発注・外製受入の登録の際には、ハンディーターミナルを利用し、業務の効率化及び正確な情報の蓄積を目指したいとのことでした。

まさしく、多くの企業様が考えるシステム導入の大きな目的ですよね。

GENでは、ロケ別、ロット別、SKU別など、さまざまな軸で在庫を管理できます。倉庫間の移動や、棚卸もワンタッチで行えます。もちろん、各帳票にバーコードを印字できるので、製造実績、受入登録の際に、ハンディーターミナルを活用することができます。

また、マスタ情報及び受注情報から、自動で原価計算。品目ごとの原価、受注毎に掛かる原材料や工賃の積み上げなどを、簡単にレポート。視覚的に見ることもできます。

工程管理に関しても、製造リードタイム 調達リードタイムなどの情報からMRP計算を行い、オーダーを自動で生成。いつでも、正確な進捗情報をチェックし、納期管理の精度が向上します。

アナログ作業から脱却し、業務の効率化を実現。そう、GENならね。

デモの実施後、お客様はGENを導入していただけることに決まりました!

今後は、GEN導入に向けて全力でサポートしていく予定です。

それでは、次回の記事をお楽しみに~

カテゴリー: デモ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です